雰囲気の良い風俗店

一般社会では良い会社か否かを見極めるひとつの指標として考えられるのは「人間関係」の良さ。たとえ一人ひとりの能力がさほど高くなくても、みんなで助け合いながら仕事を行える雰囲気のある会社では社員の力以上のものが発揮されることも珍しくない。その反面お互い足を引っ張り合うような、ギスギスした人間関係の会社であればたとえ一人ひとりの能力が高くても上手く行かないことが増えてくる。それは風俗店においても同じことが言えると思う。

12154

店長・スタッフ・風俗嬢全ての仲が良く、いつも笑顔が耐えないような明るいお店。そして店長やスタッフが風俗嬢やお客のことを考えて行動し、風俗嬢同士も仲が良くお客に対する対応も丁寧なお店も良店であると思う。そして店長・スタッフ・風俗嬢が自主的に会議のようなものを開き、お店の成長やお客への対応など建設的な意見を話し合っているお店も「みんなで成長しよう」という気概が感じられる良店だ。そのようなお店であれば訪れたお客も、女の子と遊ぶだけでなく待合室や移動するときなども気分良く過ごせるだろう。そしてそのようなお店で働いている女の子も、良い雰囲気の中何の不安も感じることなくしっかりとしたサービスを行うことができる。「笑顔」「ハキハキとした受け答え」「一生懸命」を感じられる接客であれば、多少至らない部分があったとしても楽しい時間を過ごすことができるのではないだろうか。それだけにお客はそのお店でまた遊びたいと感じ、女の子だけでなくお店のリピーターとなってくれることもあるかもしれない。

しかしその反面雰囲気が悪いお店も存在する。店長・スタッフ・風俗嬢全ての中が悪く、店内に怒声が鳴り響くようなところ。それに風俗嬢同士の人間関係が悪く、隙あらば同僚を引きずりおろすことしか考えていないお店もある。そういったお店でではお客も女の子と楽しむどころではなく居心地が悪く感じられてしまう。そして女の子も同僚の悪口やお店についての愚痴を言うことも多く、接客やサービスといったことをしっかり行わない。そうなるとお客は「また来たい」という感情を抱くことはなく、容姿が良いなどの女の子の長所も全て消されてしまう。またそのような雰囲気であるため風俗嬢が辞める確率も高く、良い女の子もいなくなるためさらにお店に良い人材が寄り付かないという悪いスパイラルに陥ってしまうのではないか。

それだけにお客として考えても、元気で明るく誠実な良い雰囲気のお店の方が良い風俗嬢と巡りあうことができるだろう。